社会医療法人 札幌清田病院

文字サイズ

病院のご案内

学会発表実績

2016年 医局業績

原著論文

Kazuhiko Koike, Takeshi Terui, Tomokazu Nagasako, Iori Horiuchi, Takayuki Machino, Toshiro Kusakabe, Yasuo Hirayama, Hiroyoshi Mihara, Michiaki Yamakage, Junji Kato, Takuji Nishisato, and Kunihiko Ishitani. A new once-a-day fentanyl citrate patch (Fentos® Tape) could be a new treatment option in patients with end-of-dose failure using a 72-h transdermal fentanyl matrix patch. Support Care Cancer 2016;24(3):1053-1059.

Akihito Fujimi,Hiroki Sakamoto,Yuji Kanisawa,Shinya Minami,Yasuhiro Nagamachi,Naofumi Yamauchi,Soushi Ibata,Junji kato.Pneumatosis intestinalis during chemotherapy with nilotinib in a patient with chronic myeloid leukemia who tested positive for anti-topoisomerase I antibodies.Clin J Gastroenterol 2016;9(6):358-364.

Soushi Ibata,Tsutomu Sato,Hiroyuki Kuroda,Yasuhiro Nagamachi,Satoshi Iyama,Akihito Fujimi,Yusuke Kamihara,Yuichi Konuma,Masahiro Yoshida,Ayumi Tatekoshi,Akari Hashimoto,Hiroto Horiguchi,Kaoru Ono,Kazuyuki Murase,Kohichi Takada,Koji Miyanishi,Masayoshi Kobune,Yasuo Hirayama,Junji Kato.A phase II trial of small-dose bortezomib,lenalidomide and dexamethasone (sVRD) as consolidation /maintenance therapy in patients with multiple myeloma.Cancer Chemother Pharmacol 2016;78(5):1041-1049.

国際学会

Sato Y,Ohnuma H,Hirakawa M,Kikuchi S,Takahashi M,Okamoto T,Tsuji Y, Okita K,Furuhata T,Takemasa I,Kato j.A triplet combination with oxaliplatin/irinotecan (XELOXIRI) plus cetuximab (Cmab) as a firstline in wild-type KRAS,metastatic colorectal cancer : a dose escalationg study.ESMO 2016 Congress:2016 Oct 7-11:Copenhagen,Denmark

全国学会

村松博士,山崎隆志,幌村大地,田中智幸,荒関恭子,岩田園美,藤原朱美,十倉敦彦,後藤義朗.CT断面積法によるプレサルコペニア診断の試み.第19回日本病態栄養学会年次学術集会:2016年1月9日-10日:横浜

村松博士,後藤義朗,久保朋子,岩田園美,細貝智一,藤原朱美,岡本哲郎,矢野智之,西里卓次.胃内でゲル化する濃厚流動食品における乳酸カルシウムの粘度変化促進効果の検討.第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会:2016年2月25日-26日:福岡

福島正之,矢野智之,和田秀之.胃癌術後補助化学療法中(S-1)に骨髄癌腫症を発症した1例.第88回日本胃癌学会総会:2016年3月17日-19日:大分

矢野智之,福島正之.マルチトロッカー法での単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術の術後疼痛軽減効果.第116回日本外科学会定期学術集会:2016年4月14日-16日:大阪

山内尚文,井原康二,西里卓次.アダリムマブが有効であった腸炎性関節炎の二例.第60回日本リウマチ学会総会・学術集会:2016年4月21日-23日:横浜

矢野智之,福島正之,和田秀之,平野聡.胆管・十二指腸温存膵頭切除(DPPHR)を施行した巨大漿液性嚢胞腺種(SCN)の1例.第28回日本肝胆膵外科学会・学術集会:2016年6月2日-4日:大阪

岡本哲郎,村松博士,猪股英俊,宮島治也,長町康弘,小池和彦,山内尚文,後藤義朗,井原康二,西里卓次.ドセタキセル+ダカルバジン・タモキシフェン・スリンダク療法が著効したFAPに合併したデスモイド腫瘍の1症例.第22回日本家族性腫瘍学会学術集会:2016年6月3日-4日:松山

後藤義朗,山田文之,泉 樹,西里卓次,井原康二.当院でのがんリハビリテーションの動向(二年次の報告).第53回日本リハビリテーション医学会学術集会:2016年6月9日-11日:京都

渡辺昭彦,小池和彦,小出真由美,中川恵里子,田熊裕美,西里卓次.オピオイドに対する薬物関連異常行動を呈した3症例.第21回日本緩和医療学会学術大会:2016年6月17日-18日:京都

小池和彦,西里卓次,渡邊昭彦,後藤義朗,猪股英俊,宮島治也,岡本哲郎,長町康弘,村松博士,山内尚文,石谷邦彦.3日型FNT貼付剤における定時薬の切れ目の痛み(End-of-dose failure; EDF)の頻度と1日型FNT製剤へのスイッチ効果~a cross-sectional retrospective bi-center study~.第21回日本緩和医療学会学術大会:2016年6月17日-18日:京都

渡邊昭彦.化学療法中に出現した吃逆に対して円皮鍼留置が有効であった1症例.日本ペインクリニック学会第50回大会:2016年7月7日-9日:横浜

福島正之,矢野智之,和田秀之.EZ-アクセスミニミニを使用したTEPの術後疼痛の検討.第71回日本消化器外科学会総会:2016年7月14日-16日:徳島

Hiroshi Kawase,Yuma Ebihara,Toshiaki Shichinohe,Fumitaka Nakamura,Koichi Ohno,Takayuki Morita,Shunichi Okushiba,Satoshi Hirano.SY-05 Laparoscopic gastrectomy for advanced gastric cancer -Orthodox&Serendipity- Long-term survival analysis of Laparoscopic Gastrectomy for Advanced Gastric Cancer :a multicenter retrospective study.第71回日本消化器外科学会総会:2016年7月14日-16日:徳島

渡辺昭彦,小池和彦,西里卓次.タペンタドール徐放製剤での注意するべき有害事象に関する一考察.第29回日本サイコオンコロジー学会:2016年9月23日-24日:札幌

後藤義朗,中川恵里子,吉井こずえ,工藤弘恵,渡邊昭彦,西里卓次.緩和ケア病棟における音楽療法とイベントの試み.第40回日本死の臨床研究会年次大会:2016年10月8日-9日:札幌

小池和彦,西里卓次,後藤義朗,渡邊昭彦,工藤弘恵.当院緩和ケア病棟(PCU)入院患者における「死の願望」の表出パターン-an analysis of patient medical records-.第40回日本死の臨床研究会年次大会:2016年10月8日-9日:札幌

Yasuhiro Nagamachi,Akihito Fujimi,Naofumi Yamauchi,Kazuhiko Koike,Tetsuro Okamoto,Hidetoshi Inomata,Naoya Miyajima,Eri Nozawa,Yoshiro Goto,Koji Ihara,Takuji Nishisato,Junji Kato.Idiopathic chronic intestinal pseudo-obstruction associated with BJP multiple myeloma.第78回日本血液学会学術集会:2016年10月13日-15日:横浜

Yasuhiro Nagamachi,Akihito Fujimi,Naofumi Yamauchi,Kazuhiko Koike,Tetsuro Okamoto,Hidetoshi Inomata,Naoya Miyajima,Eri Nozawa,Yoshiro Goto,Koji Ihara,Takuji Nishisato,Junji Kato.Idiopathic chronic intestinal pseudo-obstruction associated with BJP multiple myeloma.第78回日本血液学会学術集会:2016年10月13日-15日:横浜

渡辺昭彦.タペンタドール徐放製剤へのオピオイドスイッチングによりせん妄の著明な悪化を認めた膵癌の1症例.日本臨床麻酔学会第36回大会:2016年11月3日-5日:高知

岡本哲郎,村松博士,宮島治也,猪股英俊,長町康弘,山内尚文,小池和彦,藤見章仁,後藤義朗,井原康二,西里卓次.ボノプラザン併用除菌の有効性の検証 ―従来のPPI併用除菌との比較検討―.JDDW2016:2016年11月3日-6日:神戸

矢野智之,川瀬 寛,和田秀之,岡本哲郎.腹腔鏡下脾臓摘出術を施行したIgG4,EBV陽性 Sclerosing angiomatoid nodular transformationの1例.第78回日本臨床外科学会総会:2016年11月24日-26日:東京

山内尚文,長町康弘,藤見章仁,宮島治也,岡本哲郎,猪股英俊,野澤えり,小池和彦,和田秀之,川瀬 寛,矢野智之,後藤義朗,井原康二,西里卓次.悪性腫瘍合併RS3PE症候群の臨床的検討.第26回日本リウマチ学会 北海道・東北支部学術集会:2016年11月26日-27日:福島

川瀬 寛,矢野智之,和田秀之.当院における単孔式腹腔鏡下胆嚢摘出術の変遷と手術成績の検討.第29回日本内視鏡外科学会総会:2016年12月8日-10日:横浜

和田秀之,川瀬 寛,矢野智之.術前診断し得た特発性胆嚢穿孔に対し腹腔鏡下胆嚢摘出術を施行した一例.第29回日本内視鏡外科学会総会:2016年12月8日-10日:横浜

地方会

矢野智之,福島正之,和田秀之.右胃大網動脈瘤破裂の1例.第104回北海道外科学会:2016年2月27日:札幌

岡本哲郎,村松博士,宮島治也,猪股英俊,佐藤康史,加藤淳二,古畑智久,長町康弘,小池和彦,山内尚文,後藤義朗,井原康二,西里卓次.化学療法後のタキモシフェン・スリンダク療法が奏功した家族性大腸腺腫症術後の腹腔内デスモイドの1症例.第118回日本消化器病学会北海道支部例会:2016年3月5日-6日:札幌

長町康弘,山内尚文,宮島治也,猪股英俊,岡本哲郎,村松博士,野澤えり,小池和彦,後藤義朗,井原康二,西里卓次,佐藤 勉,加藤淳二.腸管ベーチェット病様の症状を来たした慢性骨髄単球性白血病の1例.第51回日本血液学会春季北海道地方会:2016年4月9日:札幌

後藤義朗,山田文之,泉 樹,井原康二,山内尚文,西里卓次.当院におけるがんリハビリテーションの2年間の現況.第33回日本リハビリテーション医学会北海道地方会:2016年4月23日:札幌

川瀬寛,海老原裕磨,倉島庸,村上壮一,中西喜嗣,浅野賢道,野路武寛,中村透,土川貴裕,岡村圭祐,七戸俊明,中村文隆,大野耕一,森田高行,奥芝俊一,平野聡.進行胃癌に対する腹腔鏡下胃切除術の中長期成績の検討―多施設共同後ろ向き研究―.第109回日本臨床外科学会北海道支部総会:2016年7月2日:札幌

岡本哲郎,宮島治也,猪股英俊,長町康弘,山内尚文,小池和彦,藤見章仁,後藤義朗,井原康二,西里卓次.ボノプラザンによる除菌療法の検証―PPI除菌との比較―.第119回日本消化器病学会北海道支部例会:2016年9月3日-4日:札幌

長町康弘,藤見章仁,山内尚文,宮島治也,猪股英俊,岡本哲郎,野澤えり,井原康二,小池和彦,渡邊昭彦,後藤義朗,西里卓次,加藤淳二.緩和ケア病棟と一般病棟における血液悪性腫瘍死亡症例の検討.第58回日本血液学会秋季北海道地方会:2016年9月10日:旭川

研究会

後藤義朗,西里卓次,渡邊昭彦,小池和彦,井原康二,山内尚文,山田文之,泉 樹.当院のがんリハビリテーションの現状と課題.北海道プライマリ・ケア研究会第63回学術集会:2016年3月6日:札幌

長町康弘.BJP型多発性骨髄腫に全身性アミロイドーシスを合併し偽性腸閉塞を呈した1例.第3回北海道血液腫瘍研究会:2016年9月17日:札幌

小池和彦,西里卓次,後藤義朗,渡邊昭彦,猪股英俊,宮島治也,岡本哲郎,長町康弘,藤見章仁,山内尚文,照井 健,石谷邦彦.3日型フェンタニル(FNT)貼付剤(72-h TD)における定時鎮痛薬の切れ目の痛み(End-of-dose failure;EDF)の頻度と1日型FNT製剤(24-h TD)へのスイッチの効果~a cross –sectional retrospective bi-center study~.第20回北海道緩和医療研究会:2016年9月24日:札幌(優秀演題)

小池和彦,西里卓次,後藤義朗,渡邊昭彦,工藤弘恵.「死」を望んでいる終末期がん患者は“安楽死”と“苦痛緩和のための鎮静(Palliative sedation;PS)とをどうとらえているのか?-an analysis of patient medical records-.第20回北海道緩和医療研究会:2016年9月24日:札幌

西里卓次,小池和彦,後藤義朗,福澤公美,中川恵里子,吉井こずえ,工藤弘恵,渡邊昭彦.がん化学療法を希望せず緩和ケア病棟に入院したがん症例.北海道プライマリ・ケア研究会第64回学術集会:2016年10月30日:札幌

渡辺昭彦,小池和彦,小出真由美,中川恵里子,工藤弘恵,西里卓次.オピオイドに対する薬物関連異常行動と考えられた3症例.北海道プライマリ・ケア研究会第64回学術集会:2016年10月30日:札幌

症例検討会

岡本哲郎.大腸癌術後の腹腔内デスモイド腫瘍に、抗がん剤・タモキシフェン・COX-Ⅱ阻害剤が奏功し、著明な縮小を維持している家族性大腸腺腫症の一例.札幌市医師会豊平区・清田区支部合同「第48回症例検討会」:2016年3月7日:札幌

渡邊昭彦.新規徐放性オピオイド:タペンタドールの有害事象を考える。せん妄の悪化を認めた一症例.札幌市医師会豊平区・清田区支部合同「第49回症例検討会」:2016年7月11日:札幌

山内尚文.当院におけるRS3PE症候群の臨床的検討.札幌市医師会豊平区・清田区支部合同「第50回症例検討会」:2016年10月31日:札幌

講演

渡邊昭彦.自分らしく生きるために~緩和ケア~.市民公開講座:2016年2月24日:札幌

岡本哲郎.大腸ポリープと大腸癌.市民健康教育セミナー:2016年6月19日:札幌

座長

渡邊昭彦.日本ペインクリニック学会第50回大会 講演:2016年7月8日:横浜

藤見章仁.第18回胆振血液疾患談話会 一般講演:2016年7月9日:札幌

山内尚文.第3回北海道血液腫瘍研究会 一般演題:2016年9月17日:札幌

渡邊昭彦.第20回北海道緩和医療研究会 一般演題:2016年9月24日:札幌

渡邊昭彦.第40回日本死の臨床研究会年次大会 一般ポスター演題:2016年10月8日:札幌

査読

渡邊昭彦.日本麻酔科学会学術集会,日本麻酔科学会地方会,日本緩和医療学会学術大会

その他

渡邊昭彦.日本ペインクリニック学会用語解説 解説用語93:2016年11月 英語:Pavlonian conditioning,日本語:パブロフ型条件付け

PAGE TOP