社会医療法人 札幌清田病院

文字サイズ

東洋医学科

東洋医学科

 現在の医療は大きく分けて西洋医学と東洋医学があります。本邦は特殊で,西洋医学を学んだ医師が漢方薬を自由に処方出来る環境になっています。エビデンスを重視する西洋医学と異なり、2000年にも及ぶ膨大な臨床事例の積み重ねから成り立った東洋医学(漢方)は、実践医療であり、上手く利用すると西洋医学とは異なる効果が得られることもあります。
札幌清田病院は,消化器病と血液疾患およびがん疾患を中心とした北海道がん診療連携指定病院の指定を受けた専門病院として、診断から治療まで一貫した良質の医療提供を目指している病院ですが、今後は、従前の診療体制に人がもともと持っている「自然治癒力」を高め、身体全体のバランスを整えることを目的とした漢方医療も加わることになります。
平成30年4月から木曜日午後に漢方外来(予約制)を開始します。治療の中心は健康保険で服用できる漢方エキス剤(顆粒剤)が主体で、煎じ薬は使用しません。
漢方薬が少しでも皆さんのお役に立てればと思いますので、ご要望のある方はお気軽にご利用下さい。

診療科のご案内

PAGE TOP