社会医療法人 札幌清田病院

文字サイズ

診療科のご案内

循環器内科

 当院は、消化器疾患を中心とした病院でありますが、循環器疾患を合併する頻度も高く、主に高血圧、糖代謝異常(糖尿病など)、脂質異常症、慢性腎臓病を診療しております。また、循環器疾患は緊急を要したり、当院にない医療機器を使用して診断治療することが多く、他病院との連携で患者さんにはご迷惑をかけないように早期に対応しております。

循環器内科の対応疾患

心臓疾患
狭心症 心筋梗塞 不整脈 弁膜症 心筋症 先天性心疾患
その他の循環器疾患
高血圧 心不全 末梢動脈硬化症 その他
代謝性疾患
糖尿病 脂質異常症 高尿酸血症
アレルギー疾患
食物、花粉、動物上皮、ダニ、薬剤等
腎臓病
慢性心臓病(慢性腎炎 糖尿病性腎症) 急性腎炎

循環器疾患は症状が出る前の予防が重要です

 循環器疾患は緊急を要する疾患が多く、特に急性心筋梗塞が代表的な疾患です。現在はなるべく早急に冠動脈造影、経皮的冠動脈形成術を施行することが重要となっています。しかし、当院では施設がなく、札幌社会保険病院と連携を組んで対応しております。この疾患の多くは、喫煙、高血圧、肥満、脂質異常症、糖尿病、高尿酸血症、家族歴のファクターを多く持っている方が発症しやすいと言われています。当科では、そのリスクファクターを早期発見、管理することで、予防に力を入れております。その中でも、糖尿病に関しては、糖尿病療養指導士6人が配置されており、食事療法や運動療法を中心に、薬剤特にインスリンの指導にも力を入れております。

 心筋梗塞の急性期を脱し、慢性期に当科で経過観察をさせていただいておりますが、その後血圧管理、脂質管理、体重管理、禁煙も行い、2次予防に取り組んでおります。

 腎臓病は現在、慢性腎臓病として考え、腎機能の温存ばかりでなく、腎機能低下から発生する心・血管疾患の予防のためにも、腎機能が低下している方への、血圧管理、脂質管理、食事指導にも力を入れて診療しております。

 循環器疾患は症状が出現してからでは、後戻りできませんので、症状が出る以前での予防が重要と考えております。生活習慣病に代表できる、肥満、高血圧、脂質異常、糖代謝異常を中心に診療しておりますので、お気軽にご相談下さい。

診療科のご案内

PAGE TOP